ゆったりと、古き「あけはま」に想いを馳せる〜西予市立 歴史民俗資料館〜

古き「あけはま」を想う

古きあけはま

明浜町の歴史民俗資料館は昭和53年に誕生し平成3年に現在の地に新設移転し、モダンな建物になりました。
展示資料は明浜で発見された縄文期のツリバリ、弥生期の石斧をはじめ宇和海漁撈用具、船舶用具、魚貝標本をメインとし、県指定文化財の俵津文楽の人形頭衣装、石灰採石用具類など各分野にわたって資料を収集展示しています。

展示品〜民具〜

展示品民具

生活用具のそれぞれに時代と暮らしの移り変わりが 見え、また、生活の知恵の積み重ねがあらゆる面で 感じ取れる。

▲竹水筒
文久元年(1861)の作。孟宗竹製で、上部の竹皿で飲む。

▼弁当箱
弘化2年(1845)の作。

展示品〜考古物〜

展示品考古物

生活用具のそれぞれに時代と暮らしの移り変わりが 見え、また、生活の知恵の積み重ねがあらゆる面で 感じ取れる。

▲縄文のツリバリ
海中から出土。鹿の角製で縄文期としては中くらいの大きさ。特徴は先端部がいちじるしく内湾していること。その外、かえし、あげなどと称される。

▼縄文の石斧
狩浜の川底から出土、石質は斑文岩で、大きさ12.1cm、重さ340グラム。 (3000年以前)

展示品〜漁具〜

展示品漁具

昔の宇和海は鰯漁が盛んで、寛文7年(1667)の町域の網数は17帖で幕末には3倍を越している。
この鰯漁は昭和30年ごろまで続いた。
当時の様々な漁具が残されている。

展示品〜その他〜

展示品その他

生活用具のそれぞれに時代と暮らしの移り変わりが 見え、また、生活の知恵の積み重ねがあらゆる面で 感じ取れる。

▲五ツ鹿の古面
安政初年(1854)ころの作で森田屋磯右衛門源吉晶の銘がある。

▼小方儀
伊能忠敬が開発考案。
方位(方向・方角)を測る機器。

利用案内

通年
開館時間 9時〜17時
開館日 土・日・祝日
※平日は、お休みしております。
備考 通常は、休館している場合でも、団体客のみ、3日前までの予約にて、係員が開錠いたします。

入館料

  個人 団体(10名以上)
一般 150円 100円
小・中学生 70円 50円

お問い合わせ: 【西予市教育委員会】 TEL: 0894-64-1171

ナビゲーション

バナースペース


ページTOP

HOME教育関係者の方へはま湯きゃんぱふるさとムテンカ付与施設レジャービーチフィッシングアクセス会社概要お問合せ個人情報の取り扱い

あけはまシーサイドサンパーク